婦人

保育士の求人を見る時には自分に合った保育園かを見極めましょう

就職率の向上

履歴書

新卒の就職率が向上している

長く続いたデフレ経済もアベノミックス効果もあり、漸く上向きの傾向を示しています。企業業績も改善して大企業を中心に新卒採用を積極化しており、就職戦線も明るくなっています。しかしながら中小企業では一部では業績の改善は見られるものの、中小企業全体に及んでいるとは言えません。したがって就職についても必ずしも積極的でないところも多く残っています。また、学生の方でも就職を考える時に大企業を志向する傾向が依然として強く中小企業への希望者は依然として多くありません。独立精神があり、企業を目指すのであれば中小企業に就職することは独立の道を早くすることが出来ます。中小企業では入社早々から戦力として鍛えられるので成長が早くできます。

中小企業でマネージメントを学ぶ

自分が起業家として一番大事なことはマネージメントです。如何に技術やノウハウを持っていてもマネージメント能力がなければ企業を長い間存続させることは不可能です。中小企業に就職すると任される仕事も多いのですが、早くから責任のある仕事をするようになり、関係者を使って仕事をする機会が早くやってきます。マネージメント能力が若い時から鍛えられることになります。もちろん大企業に入って資本力を背景としたビッグプロジェクトに参画することで能力を高めることが出来るというメリットもありますが、若い時は組織の一部として限られた業務を任されるのが通常ですから、マネージメント能力の取得には時間がかかります。中小企業に就職する人が増加することは日本の社会で大事なことです。